ビタミンB6摂取でつわりを軽減

つわりで重要なのは「ビタミン」
ビタミンB6は、つわり(悪阻)を緩和するために産婦人科などで処方される点滴に含まれているビタミンです。
なぜ効くのはハッキリとは分かっていませんが、妊娠前~妊娠中にビタミンB6を摂取するとつわりが軽くなる、重症のつわりに改善がみられやすいなどの報告があります。
ビタミンB6は、妊娠中、ホルモンバランスを崩している方、月経前の方などは不足しがちになりやすく、煙草や飲酒、蛋白質が多い食事でも消費が早まります。ビタミンB6は、葉酸など他のビタミンB群、ビタミンCなどのビタミン類と一緒に摂ることで吸収が高まるので、サプリでの補充は、ベルタ葉酸サプリのような過不足量のバランスに配慮した商品がおすすめです。